形成外科・漢方内科(保険診療)

形成外科・漢方内科(保険診療)

当院では、下記のような疾患について、形成外科の保険診療(レーザー治療、手術)を行なっています。

一度ご相談下さい。

あざの治療

青あざ

  • •太田母斑    顔の片側にできる青いあざで、レーザーで治療します。 目の周りも、目を保護する処置をして治療可能です。
  • •後天性真皮メラノサイトーシス    両頬にできる茶色~灰色のあざです。 よく肝斑と間違えられていますが、肝斑と違い、レーザーで完全に消すことができます。
  • •異所性蒙古斑    生まれつき体にある青いあざで、レーザーで治療します。

黒あざ

  • •色素性母斑    顔、体にできる黒褐色のあざで、毛が生えたり表面がでこぼこすることもあります。 小さなものは悪性化することはほとんどありませんが、生まれつきある巨大なものは悪性化することがあるので注意が必要です。 治療は基本的に手術で、紡錘形に切除して縫い合わせる方法が一般的です。 大きい場合は、数回に分けて少しずつ切除して縫い寄せたり、周囲の皮膚を移動して傷をふさいだりします。 悪性化のおそれのない場合はレーザー治療も行なわれますが、完全に色を消すのは困難です。

茶あざ

  • •扁平母斑    顔・体に生まれつきある薄茶色のあざです(大人になってからできる場合もあります)。 レーザー治療が有効な場合があり、まず試みます。無効な場合は、手術療法を検討します。

いぼ状のあざ

  • •表皮母斑    顔、体にできるゴツゴツした盛りあがりのあるあざで、手術あるいはレーザー治療を行ないます。
  • •脂腺母斑    主に頭に生まれつきある黄~茶色のゴツゴツしたあざで、悪性腫瘍を発生することがあるので、切除することが望ましいとされています。

PAGETOP

形成外科・漢方内科(保険診療)
美容皮膚科(自由診療)